(松竹梅の由来)
松竹梅は、元々中国の画題の1つである「歳寒三友」と呼ばれていました。 松と竹は寒さが厳しい冬でも青々とし、梅は花を咲かせる様子から「歳寒三友」という呼び名がついたようです。

「歳寒三友」自体は縁起が良いという意味はないのですが、日本で縁起の良いものとされるようになったのは、
・「松」は冬でも常に青く枯れないということで不老長寿の象徴
・「竹」はまっすぐに伸びている様子と地面にしっかり根を張っている様子から子孫繁栄の象徴
・「梅」は冬に気高い香りと共に花を咲かせる強さから気高さや長寿の象徴
と考えられたことから始まったようです。

(松竹梅の順番の理由)
一般的に松竹梅という順番がありますが、これは、日本で縁起物の象徴とされた時代順から決められていると言われています。 「松」は平安時代、「竹」は室町時代、「梅」は江戸時代に縁起物の象徴になったようです。この順番のまま松竹梅となったようです。

そして、松竹梅を等級などの格付けに置き換えたら風流である、ということもあって、「特上」「上」「並」というような格付けに対して、「松」「竹」「梅」を当てて使い始め、今日のような松竹梅の使われ方になったようです。

皆さんのお手元でも縁起植物の松竹梅がある暮らしを楽しまれてはいかがでしょうか。
縁起が良い松竹梅が身近にあったら、何か良いことが起こりそうな気がしませんか。 松や梅の盆栽に、竹に代わって笹の草盆栽を楽しむのがおすすめです。ご来客の際に玄関に飾って、インテリな趣味とされていらっしゃる方々がいらっしゃるようです。

縁起の良い竹の彫刻が印象的な上置き仏壇用の下台などもあります。
仏壇用彫刻下台 2: 幅55cm

 カテゴリ