初夢で見ると縁起がいいと言われる
一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)。

なぜ、縁起が良いと言われるようになったのでしょうか?



その由来はいくつかありますが、有力なのは、

徳川家康富士山、鷹狩り、初物のなすを好んだ」

とか、

「徳川家康に縁のある駿河国で高いものの順。
富士山、愛鷹山、初物のなすの値段」

など、徳川家康にちなんだものが多いんですね。



富士山、鷹、なすは、いずれも徳川家康の出身地である
駿河(静岡)の名産品です。


「駿河の国(静岡県)の名物を並べて、
天下を取った徳川家康にあやかろうとした」



これが、初夢で縁起がいいと、
言われるようになった説として有力のようです。


ちなみに、初夢とは、1月1日から2日の夜に見る夢のことを言います。

【古掛軸】 開運縁起図 《一富士二鷹三茄子》 在銘 共箱


・引用は、こちら ~

 → 【古掛軸】 開運縁起図 《一富士二鷹三茄子》 在銘 共箱