縁起がいいとされる古くからの言い伝え。

福耳の人はお金が貯まる。

①福耳という言葉の由来は、釈迦の32相80種好からきていて、それは仏さまの身体に備わっている特徴の1つで縁起が良いという。

②福耳で最も良いと言われている形は、耳たぶが真下に垂れ下がらずその上に米粒が乗るぐらい口の方に向かっている相。

③また、古来中国では豚が富の象徴・福の象徴ということから派生して、豚のように大きく垂れ下がった耳を持つ人は「福耳」の持ち主として羨望の的になっていた。

福耳のこども  初版 /たじま倫子/集英社



・引用は、こちら ~

 → 福耳のこども 初版 /たじま倫子/集英社



 カテゴリ

 タグ