縁起がいいとされる古くからの言い伝え。

①ヨーロッパや中央アジアにいるのは「シュバシコウ」といい、くちばしが赤いことが特徴のこうのとり。

②シュバシコウは、昔から街の電柱や屋根の上で、大きな枝をクチバシにくわえてバスケットのような巣を作っていた。

③その中に卵を産み、オスとメスが協力して仲良く子育てをしていた様子が、ヨーロッパの人々の目の前で見られていたのでコウノトリが赤ちゃんを運んでくるという言い伝えが生まれたと考えられている。

④世界の童話にはさまざまなコウノトリ伝説が存在する。

ケーキデコレーション コウノトリ・銀 [D508]



・引用は、こちら ~

 → ケーキデコレーション コウノトリ・銀 [D508]



 カテゴリ

 タグ